Pマークのコンサル会社でビジネス大成功|取得するのが吉

男の人

情報保護は注目の的

システム

ISO27001は情報保護に関する国際規格です。プライバシーマークとの違いは情報保護の範囲が個人情報に特化しているかの違いになっています。ともに外部の厳しい審査を受けなければなりません。セキュリティ要件の厳しい時代にとっては必須の認証なのです。

詳細

情報セキュリティのISO

メンズ

ISO27001は情報セキュリティの国際規格である。ISO27001を認証取得すると、企業の情報セキュリティを強化することができ、機密情報の外部流出などを防ぐことに貢献する。ISO27001を取得する際には、コンサルティング会社にサポートしてもらうことができる。

詳細

ISOの審査と必要性

ネット

ISOには、ISO9001・ISO14001・ISO27001などさまざまな分野に関わる種類があります。そのなかで自社に必要であると考えるISOについては、審査を受けることができます。顧客の満足度を高めるだけでなく、万が一トラブルが発生した際に的確に対応する知識を持つことができます。

詳細

認証取得での情報活用向上

レディー

取得に向けた要点

ISO27001は情報システムマネジメントを評価する認証規格として知られています。この認証の取得を検討する時は、まず自社の情報管理における業務システムの洗い出しが肝心とされています。そこではPDCAサイクルに基づいて対策が必要な部分、すなわちリスクの全容把握と、対策のプランを明示化する事になります。具体的にはまず経営者自身による認証取得への意思表明から始まり、その適用範囲やセキュリティ方針の決定、さらに推進体制や手順の確立に、保有している情報資産の確認、等が計画の際の必要事項にあたります。割り出された必要事項に対して、リスク対処や情報資産のセキュリティ、さらに事業継続に不可欠な施策の実施・評価方針を策定する事になります。そしてその実行結果を踏まえ、点検や改善・処置に関する実施要件も併せて確立し、1連の準備が整う事になります。したがってISO27001取得には、事業における情報の取り扱い方に関する1連のプロセスを把握する事が肝心と言われています。

取得推進に繋がる重要要素

そもそもISO27001に沿って管理される情報システムは、その活用において大きく分けて3つの要素が重要だと言われています。それは機密性、完全性、可用性の3つと定義されています。機密性とは一般的なセキュリティのイメージで想像されやすい、情報資産やシステムを悪意ある第3者から遮断して守り抜く仕組みを指しています。権限を持つ人だけが情報資産を取り扱える様にする事で、外部への情報流出を防止する事に繋がります。次に完全性とは、情報資産が元の状態のまま、欠損する事無く維持される事を意味します。元のデータが安全な状態で、かつ不整合も無い様な品質が維持される事で予期した通りの正常アクセスが可能な状態となり得ます。そして可用性とは、必要に応じて即時のタイミングで活用できる事を指します。安全かつ正常な状態で何時でも使用可能となる事で、円滑なシステム活用に繋がります。ISO27001ではこれら3つの要素に関するリスク対策となる規格を定めています。そのため、認証取得自体が情報セキュリティマネジメントによる継続的な点検とシステム活用に繋がる、と考えられています。

情報の管理

情報の価値が高まっている現代ではPマークの重要性も高まってきているのです。取得を考えている企業はとても多くなってくるでしょう。勿論Pマーク取得をサポートしてくれるコンサル会社も増加すると考えられます。Pマークのコンサル会社を利用して信頼を得ましょう。